アイキララの効果的な使い方を解説!使うタイミングや順番をご紹介

目の下の小じわやクマに効果があると話題になっているアイキララの効果的な使い方やタイミングをご紹介します。

アイキララの効果を最大限高めるためにも、ひと手間かけてコチラで紹介した通りに使ってみてくださいね。

アイキララ使い方と正しい手順

まずは基本的なアイキララの使い方と正しい手順を確認しましょう。

アイキララは保湿成分が高いクリームですが、夜だけでなく朝のメイクの前にササっと塗れるアイクリームです。

  1. 洗顔
  2. 化粧水
  3. アイキララ

使う手順はこの通りです。

洗顔

まずは洗顔料で肌の汚れを落として清潔な状態にします。メイクをしている方は事前にメイクをよーく落としてください。

とくにアイキララを塗布する目の周りやマスカラが残りやすい目の下は丁寧に落としましょう。

化粧水

化粧水で肌に潤いを与えます。目の下には普段よりも少し多めに化粧水をなじませてアイキララの成分がより浸透しやすい環境を作ってあげます。

アイキララ

最後にアイキララを塗布します。

アイキララには高い保湿力とターンオーバーを促して肌を正常な状態に戻す作用がある成分がたっぷり入っていますので、透明感がありふっくらとした肌になりますよ。

アイキララの効果を高める効果的な使い方とタイミング

ここまでは一般的なアイキララの使い方ですが、さらに効果を高めるためにひと工夫が必要です。

  • 使用前にアイキララを温める
  • 薬指の腹を使って優しくなじませる
  • 朝と夜、毎日使う

使用前にアイキララを温める

アイキララを目の下に塗る前に5秒程度、手の甲や手のひらに1回分プッシュしてクリームを人肌で温めます。

温めることでクリームが肌に馴染みやすくなり、肌への浸透力がアップします。

薬指の腹を使って優しくなじませる

もっと効果を出そう!と思って患部にクリームをごしごし力強く塗ってしまいがちですが、洗顔や化粧水を使うのと同じで優しくトントンとなじませるように使います。

ポイントは薬指の腹を使ってクリームを塗っていくと余計な力が入らずにスムーズに塗布できます。

朝と夜、毎日使う

あとは朝と夜、毎日使うことが大切です。肌の細胞が入れ替わる周期(ターンオーバー)には最低でも約28日程度必要と言われています。

そのため肌の周期が3周する3ヵ月以上は根気よくアイキララを毎日使うことが効果を実感する上で大切なポイントです。

まとめ

アイキララの効果的な使い方をおさらいします。

使う手順

  1. 洗顔
  2. 化粧水
  3. アイキララ

効果を高めるための一工夫

  • 使用前にアイキララを温める
  • 薬指の腹を使って優しくなじませる
  • 朝と夜、毎日使う

ただでさえ、時間がかかるお肌の手入れですが、アイキララを毎日使うことでふっくらとした明るい目元がGETできます。

まずは3ヶ月!こちらで紹介した使い方の通りに頑張って実践してくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました